大阪交響楽団のホームページにようこそ!!

01575549
 
 

お知らせ

お知らせ
1
 
大阪響コーラス2022,23募集【4/28更新】
2022-04-28
 
楽団員オーディションのお知らせ
2022-04-18
 
楽団員 退職のお知らせ
2022-02-19
 
2022年2月末をもちまして、トランペット首席奏者の徳田知希(2003年7月入団、18年8カ月の在籍)、ヴィオラ副首席奏者のウラジミール・スミコフスキー(1993年10月入団、28年5か月の在籍で定年退職)の2名が退職いたします。徳田知希につきましては2022年4月から、楽団事務局で勤務いたします。
長きにわたり、お疲れ様でした。今後のさらなる活躍をお祈りいたします。
 
 
写真:©飯島隆
 
 
0歳児からの"光と映像で楽しむオーケストラ"Vol.17 開催延期
2022-02-03
 
0歳児からの"光と映像で楽しむオーケストラ"Vol.17
開催延期につきまして

0歳児からの"光と映像で楽しむオーケストラ"Vol.17(2022年3月19日開催)は、
昨今の新型コロナウイルス感染症蔓延の状況を鑑み、開催を延期させていただく運びとなりました。
 
【延期日程】
2022年9月17日(土)午前の部11:00開演(10:15開場)/午後の部14:00開演(13:15開場)

出演者、演奏曲目、延期日程の開演時間の変更はございません。
お手元のチケットはそのまま延期となった振替公演でご利用いただけますので、
大切に保管をお願い致します。
 
 
また、延期日程でご来場が叶わないお客様におかれましては、チケット代金の払い戻しを承ります。
 

 
 
払い戻しについて
 
払い戻し対応期間:2022年2月4日(金)~2022年3月31日(木)まで

お客様の、氏名・住所・電話番号、お手持ちのチケット公演名・座席番号を、メール(mail@sym.jp)か、大阪交響楽団(072-226-5522)にお知らせください。
 
■払い戻し方法
 
*ザ・シンフォニー チケットセンターにてご購入されたお客様
ザ・シンフォニーホールWEBサイトからご確認ください→https://www.symphonyhall.jp/?p=29349
 
 
*大阪交響楽団、その他プレイガイド(ぴあ、ローソン、イープラス)にてご購入されたお客様
 
特定記録郵便(長三封筒84円もしくは94円+特定記録郵便160円)
で、大阪交響楽団宛てに、下記のものを同封のうえ、ご郵送ください。(3月31日必着)
 
・演奏会のチケット
・お客様の口座情報等のメモ
→お名前、連絡先、振込銀行名、支店名、口座種別(普通もしくは当座)、口座番号、口座名義(カナ)、をご明記ください
 
チケット代金とチケット返送時の郵送料(特定記録郵便料金上限300円)を返金
振込手数料は楽団で負担いたします。後日、指定口座へお振込みさせていただきます。

宛先:
〒590-0074
大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4階 大阪交響楽団チケット返金係 宛
 
公演を楽しみにしてくださっていたお客様には、大変ご不便・ご迷惑をおかけし、
誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。
 
公益社団法人 大阪交響楽団
TEL:072-226-5522(大阪交響楽団チケットセンター)
FAX:072-226-5544
メール:mail@sym.jp

 
 
第253回定期演奏会 指揮者変更につきまして
2022-01-31
篠﨑 靖男
 
第253回定期演奏会
指揮者変更につきまして
 
いつも大阪交響楽団をご愛顧いただきありがとうございます。
 
2022年2月4日(金)「第253回定期演奏会」に出演予定でした指揮者の汐澤 安彦氏が怪我のため出演不可能となりました。代わって篠﨑 靖男氏が出演いたします。曲目の変更はございません。
 
汐澤 安彦氏の出演を楽しみにして下さっていたお客さまにおかれましては大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げますとともに、篠﨑 靖男氏と大阪交響楽団の演奏をぜひ、お楽しみいただきますようお願い申し上げます。
 
公益社団法人 大阪交響楽団
 
 

 
 
篠﨑 靖男(指揮)
 
1968年京都生まれ。桐朋学園大学にて指揮を山本七雄、飯守泰次郎の両氏に師事。1993年アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて最高位を受賞。その後、シエナ・キジアーナ音楽院でイリヤ・ムーシン、チョン・ミュンフン両氏、ウィーン国立音楽大学指揮科でレオポルド・ハーガー、湯浅勇治両氏、タングルウッド音楽祭のセミナーで小澤征爾、ベルナルト・ハイティンク両氏の下研鑽を積んだ。
1998年東京シティ・フィル定期演奏会で日本デビュー。「押し出しのある熱気を持つ棒」(音楽現代)と評される。2000年第2回シベリウス国際指揮者コンクール第2位。ファイナルの模様はフィンランド国内にテレビ中継され、共演したヘルシンキ・フィルからは絶大な支持を受けて以後定期的に登場している。
2001年にロサンゼルス・フィルの副指揮者に就任。40回以上のコンサートにおいて古典から現代音楽の世界初演まで幅広いレパートリーを手がけ、在任中の2002年には代役として定期演奏会にデビュー。その成功が大きな話題となり、ロス・アンジェルス・ウイークリー紙の2002年音楽賞「傑出したクラシカルアーティスト部門」にノミネートされた。ロサンゼルス・フィルとは2004年の任期終了までに、定期演奏会や夏のハリウッドボウル音楽祭などオーケストラと非常に密接で充実した関係を築き、その後の活動の礎とした。
2004年に本拠をロンドンに移して欧州を中心に活動。ロンドン・フィル、BBCフィル、フランクフルト放送響、ボーンマス響、フィンランド放送響、スウェーデン放送響、ベオグラード・フィル、ラトビア国立響を始め、欧州各国の主要オーケストラを指揮。特にニュルンベルク響とのベートーヴェン:交響曲第7番は、本場ドイツの聴衆からも大きな評価を得た。アンドレ・ワッツ、エマニュエル・アックス、ユーリ・バシュメット、ネクサスなど著名なソリストとの共演も多い。
2007年1月にフィンランド・キュミ・シンフォニエッタの芸術監督・首席指揮者に就任。「ベートーヴェンと20世紀ウィーンの作曲家」シリーズを立ち上げるなど意欲的な活動が注目を集め、またロンドン、サンクトペテルブルクでの公演も大成功させるなど2014年7月に勇退するまでオーケストラの目覚しい発展に尽力したが、その7年半に渡る在任期間はフィンランドでは異例の長さであり、現在も毎年客演を続けるほど両者は深い信頼関係で結ばれている。
国内では読売日本交響楽団、東京フィル、日本フィル、東京シティ・フィル、神奈川フィル、名古屋フィル、京都市交響楽団、大阪フィル、大阪交響楽団、関西フィル、日本センチュリー交響楽団、仙台フィル、札幌交響楽団、群馬交響楽団等主要なオーケストラに登場。静岡交響楽団では、2014年9月からミュージック・アドバイザー、2015年9月から2018年3月まで常任指揮者を務めた。
近年はドイツのマグデブルク・フィル、南アフリカ共和国のKZNフィル、ヨハネスブルグ・フィル、ケープタウン・フィルなどと定期的に共演してそれぞれの地で絶賛を浴びるなど、国内外で活躍を続ける篠﨑靖男の正統的なスタイルとダイナミックな指揮は、観客を魅了し続けている。
 
篠﨑 靖男写真:(C)BenjaminEalovega
 
 
『SPICE』に次期常任指揮者 山下一史のインタビュー記事掲載!
2022-01-04
 
エンタメ特化型情報メディア『SPICE』に
大阪交響楽団 次期常任指揮者 山下一史(2022年4月~就任)の
インタビュー記事が掲載されました!
 
 
記事は↓↓からご覧いただけます!
 
2022年・新シーズンから大阪交響楽団の常任指揮者に就任する山下一史に聞く
 
ぜひご覧いただければ幸いです。
 
 
 
年末・年始の営業日につきまして
2021-12-24

年末年始の営業は下記のとおりとなっております。

■年末・・・事務局・チケット受付電話 2021年12月28日(火)17時00分まで
 
なお、ホームページでのチケットは、年末年始も24時間ご購入いただけます。
※チケット配送・お問合せ等の回答は2022年1月4日(火)以降となりますので
 ご了承頂きますようお願いいたします。
 

 

□年始・・・事務局・チケット受付電話 2022年1月4日(火)10時00分より通常営業

2022年も大阪交響楽団に温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
 
第120回名曲コンサート(2022/1/9)指揮者変更につきまして
2021-12-06
三ツ橋 敬子
 
第120回名曲コンサート
指揮者変更につきまして
 
いつも大阪交響楽団をご愛顧いただきありがとうございます。
 
2022年1月9日(日)「第120回名曲コンサート」に出演予定でした指揮者のオーラ・ルードナー氏は新型コロナウイルス感染症に係る政府による入国制限により来日及び出演できなくなりました。代わって三ツ橋敬子氏が出演いたします。曲目の変更はございません。なお、「ベートーヴェン :ロマンス 第1番 」のヴァイオリン独奏は森下 幸路(首席ソロコンサートマスター)が務めます。
オーラ・ルードナー氏の出演を楽しみにして下さっていたお客さまにおかれましては大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げますとともに、三ツ橋敬子氏と大阪交響楽団の演奏をぜひ、お楽しみいただきますようお願い申し上げます。
 
公益社団法人 大阪交響楽団
 
 

 
 
三ツ橋 敬子(指揮)
 
東京藝術大学及び同大学院を修了。ウィーン国立音楽大学とキジアーナ音楽院に留学。小澤征爾、小林研一郎、ジェルメッティ、アッツェル、シュナイト、湯浅勇治、松尾葉子、高階正光の各氏に師事。2006年トスカーナ管弦楽団とのツアーを指揮してヨーロッパデビュー。2008年第10回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクールにて優勝。併せて聴衆賞、ペドロッティ協会賞を受賞し、最年少優勝で初の3冠に輝いた。2010年第9回アルトゥーロ・トスカニーニ国際指揮者コンクールにて女性初の受賞者として準優勝。併せて聴衆賞も獲得。これまでに札幌交響楽団、読売日本交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、大阪フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団等と共演している。2021年4月、コロナ禍においてNHK交響楽団デビューを飾り、その堅実な解釈力と手腕に対し各方面より称賛を得た。
 
 
 
 
退団のお知らせ(フルート 小林志穂)
2021-11-26
 
フルート首席奏者 小林 志穂(こばやし しほ)が、
2021年10月31日付で退団いたしました。
2001年7月から20年4か月の在籍でした。
 
2022/23シーズンプログラム発表!
2021-11-17
 
2022/23シーズンプログラム発表!
 
いつも大阪交響楽団を御愛顧いただきましてありがとうございます。
2022年度のシーズンラインナップを発表いたしましたので、ご案内申し上げます。
 
 
 

 
ごあいさつ
 
 
新指揮者三名よりごあいさつ
 
 
 
 
 
※「シーズンプログラム~2022年度主催公演のご案内」は、主催公演会場にて配布、およびダイレクトメール登録いただいている方は12月初旬ごろに送付させていただきますが、ご希望の方にはお送りいたします。お申し付けください。 
 
eメール:お問合せフォーム
FAX 072-226-5544
TEL 072-226-5533(平日10~17時)
 
 
新指揮者 左から 柴田・山下・髙橋
1
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<公益社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544