00848900
 

長島喜一郎コラム

 

クラシック・おもちゃ箱

クラシック・おもちゃ箱
フォーム
 
第13回 シューベルトと仲間たち:シューベルティアーデ
2018-07-06
 天はシューベルトに31歳の寿命しか与えませんでしたが、彼はその短い生涯に1000曲近い曲を残しました。彼がいかに早熟の天才だったかは、たとえばベートーヴェンと比べてみるとよく分ります。31歳の時点でベートーヴェンは交響曲第1番、ピアノ協奏曲第3番まで、ピアノ・ソナタを第14番まで、ヴァイオリン・ソナタ5番まで、弦楽四重奏曲を6番まで完成していました。しかし彼が本当の傑作を書き始めるのはこの後なのです。
 シューベルトは歌曲王と呼ばれるだけあって歌曲を最も多く書きましたが、オペラを含めていろいろなジャンルで作品を残しました。そんな中で男声の世俗合唱曲は80曲以上も書かれたにもかかわらず、最も聴く機会が少ない作品と言えるでしょう。これは日本だけの現象ではありません。アマチュアの合唱団でさえも昨今は大曲志向が強く、世俗の合唱曲がプログラムに載ることはまれです。筆者も高校時代に男声合唱団に在籍しましたが、シューベルトには縁がありませんでした。無伴奏の『憧れ』D656などいい曲だと思います。またピアノのためのワルツ集、ドイツ舞曲集も聴く機会は少ないと思われます。同じピアノ曲でもピアノ・ソナタ、即興曲、楽興の時といった作品と比べ、演奏会で取り上げられることがほとんどありません。
 こうした知られざる作品は、シューベルトの仲間たちの部屋で彼の音楽を中心に芸術に関して語り合うサークル:一般にシューベルティアーデと呼ばれている夜会で披露されました。シューベルトがピアノを弾き、宮廷歌劇場の歌手フォーグルが歌い、友人たちは合唱に参加しました。催しの中心となった3人を紹介しましょう。ヨーゼフ・フォン・シュパウン(1788-1865)は法学を学び後に役人となりました。彼はシューベルトが11歳から17歳まで入っていた寄宿舎でその音楽の才能を知り、生涯にわたって支援しました。ヨハン・マイヤーホーファー(1787-1836)も法学を学び後に役人となりました。彼は詩人でもあり、シューベルトは彼の詩に数多く曲を付けました。シューベルトは1818年から20年まで彼の下宿に居候しました。以前は銘板がありましたが、残念なことに改装を機にはずされてしまいました。フランツ・フォン・ショーバー(1796-1882)は石版工や外交官などいろいろな仕事をした人で、シューベルトの最も仲のよい友人でした。シューベルトは彼の家にも1822年から翌年にかけて居候し、交響曲第8番『未完成』を書きました(写真1)。
 シューベルティアーデは旅先でも催されました。ショーバーの叔父が管理していたアッツェンブルック(ウィーンの北西約40キロ)はその一例です。シューベルトは1820年から数年間夏のひと時を友人とともにここで過ごしました。彼らは日中近くへハイキングに出かけてギター伴奏で、夜はピアノ伴奏で歌ったり踊ったりして楽しんだようです。1821年に滞在したレオポルト・クーペルヴィーザーによる絵が残っていて、1枚は馬車でハイキングへ出かけるところです(図1)。シューベルトとクーペルヴィーザーは左脇に立って話をしています。もう1枚は叔父の館でゲームを楽しんでいる場面です(図2)。シューベルトはピアノの前に座っています。
 アッツェンブルックの館(写真2)がシューベルトの博物館になっていると知り、20年ほど前に出かけました。駅は無人で屋根もなく回りに人家もありません。しかたなく人気のありそうな方向へ1キロ弱歩き、唯一の手がかりだった写真と同じ館を発見しました。この博物館はシューベルトばかりでなく、友人たちに関する展示も充実しています。学芸員が時間をかけて丁寧に案内してくれて、図1に描かれた部屋も教えてくれました。現在は列車の数も増え、1時間に1本、34分で着きます。シューベルト好きの方には、ウィーンからの日帰り旅行としてお勧めです。時折サロンを使って小演奏会も催されています。
 
左から
写真1:『未完成』作曲の銘板/ウィーン1区 Spiegelgasse 9
上・図1:ピクニック/クーペルヴィーザー絵
下・図2:アッツェンブルックでのゲーム/クーペルヴィーザー絵
写真2:アッツェンブルックの館/Schlossplatz 1, Atzenbrugg
 
 
 
音楽ジャーナリスト 長島 喜一郎
「プログラム・マガジン」2018年9・10月号掲載
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544