大阪交響楽団 2017年度名曲コンサート シェフからのメッセージ

00778129
 

2018「名曲」シェフからのメッセージ

 
 
第101回名曲コンサート 5月19日(土)
高橋 直史
高橋 直史
高橋 直史

“オーストリア・モーツァルトの系譜”

 

2018年5月19日(土)

 昼の部13時30分開演/夜の部17時00分開演

 

 皆様こんにちは。今回でもう4度目になる大阪響との共演ですが、また協奏曲の弾き振りをさせて頂けて大変嬉しく思います。指揮者というのは自分で音を出さないという宿命を背負った音楽家なのですが、当時のモーツァルトの様に自分自身でピアノを弾いて、自分の出す音を通じてオーケストラの皆様との音の交流が出来るという喜びで一杯です。謝肉祭のために作曲されたセレナーデでは、始まりの行進曲、踊りのメヌエット、浮き浮きとしたロンドなどモーツァルトのウィットに富んだ音楽が、また交響曲「リンツ」では、作曲家として独立を果たし、結婚、またウィーンでの成功で自信に満ちたモーツァルトの、堂々とした序奏部から一気呵成に駆け抜ける最終楽章まで変幻自在に移り変わる音楽を、自由自在に演奏出来ましたら幸せです。自分の究極の理想として、モーツァルトの音楽を、一音一音の流れの方向が自在に動き、あたかもその瞬間に誕生したようなきらめきを持って流れて行く、そのような一期一会の音楽として演奏したいと思います。大阪響の皆様との演奏で、お客様がドキドキして聞いて頂けるような演奏会になるように心から願います。
 ドイツ・エルツゲビルゲの観光大使、名誉市民までさせて頂きながらまだ一度もここを皆様にご紹介していないという反省を込めて一筆。エルツゲビルゲは、ドイツ東部のザクセン州にある地方で、ドイツとチェコ共和国の国境にあります。15世紀半ばに始まった銀、錫の採掘で中世を通じて栄えました。鉱夫が副業としていた木のおもちゃ作りの伝統は今でもここに残っていて、くるみ割り人形の故郷なんて言われたりもします。当時から職人さんが多いせいか、今でも楽器工房などもたくさんあり、文化が盛んな地域でもあります。ちなみに今でも使われているエーラー式のドイツクラリネットを発明し、ベルリンフィルの創立メンバーでもあるエーラーは、私の劇場があるアナベルクという町生まれだったりします。あ、今回の演奏会では残念ながらクラリネットはいませんね。モーツァルトが愛し、愛されたボヘミア地方と境を接するエルツゲビルゲで、私は今年125周年を迎えた劇場とオーケストラで、ドイツオペラとシンフォニーを中心に演奏しています。
 
 
指揮:高橋直史
                     

 

高橋直史写真:(C)梶川良一

 

 

 
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544